サイクルプラスは通販で買いたい

サイクルプラスはビタミンC誘導体APPSが特徴の化粧水!

josei

サイクルプラスって前から気になっていたんですよ。
お肌の万能薬と言われるビタミンCを効果的に取り入れることができるということで。

 

しみやうすみ、ハリ、潤いなど、すべての悩みにまず使わなくてはいけないのがビタミンCですね。
これほど強力な成分はなかなかないと思います。

 

ただ、ビタミンCは壊れやすいのが難点!
そこで、誘導体にするわけですが、サイクルプラスは更に進んでAPPSというものを採用しているのです。

 

これってよく意味がわからないかもしれないけど、要するに誘導体よりも浸透力がめっちゃ高いというわけ。
ビタミンCをスキンケアに取り入れるなら、APPSが一番効果的ですよ、ということです。

 

サイクルプラスの特徴

サイクルプラスは2剤式になっているところが大きな特徴です。
これは、実際に使う直前に2つの材料を混ぜるというっことなのです。

 

ビタミンC誘導体APPSは成分が安定しないところが欠点なんですね。
なので、最初から混ぜて出荷してしまうと成分が壊れる可能性があるのです。

 

でも、手元に届いてから2つの材料を混ぜれば新鮮なまま、成分の機能を保ったまま使えるというわけ。
なかなかここまでやっているビタミンC誘導体コスメはありません。

 

ビタミンC誘導体だけでなくほかの化粧品も製造過程、出荷段階でかなり成分が壊れていることがあるとか。
特にナノ化された化粧品はカプセルが破壊されてしまtっていることもあるので要注意ですね。

 

ビタミンC誘導体APPSって?

ビタミンC誘導体は聞いたことがあるけど、APPSはあまり耳にしたことがないですね。
化粧品の成分の話は少しややこしいのですが、知っておいた方がお得です。

 

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があります。
水に溶けやすいビタミンC誘導体は化粧水や美容液に、脂に溶けやすいビタミンC誘導体は保湿クリームに使われているんですね。

 

ところが、ビタミンC誘導体APPSは、水と油、どちらにも溶けるというスグレモノなのです。
そのうえ浸透力がビタミンC誘導体に比べて100倍も高いというのだから驚きですね。

 

化粧品はどんな成分を使っているかも大事だけど、どれだけ浸透するかも大事。
せっかくいい成分でも肌の上で遊んでいたらもったいないですからね・・・

 

サイクルプラスはそのどちらも満足させている化粧品だと思います。

 

 

 

ビタミンC誘導体の効果

具体的にビタミンC誘導体の効果についておさらいします。

 

・活性酸素を抑える抗酸化効果
・皮脂の分泌のコントロール
・コラーゲン生成促進
・新陳代謝促進

 

肌がくすむのは肌の酸化によるものです。
ビタミンC誘導体を使うことによって、肌のくすみが防げるというわけです。

 

また、コラーゲンが増えることで肌のハリを取り戻し、しわやたるみを改善できますね。

 

ビタミンCの効果にはシミの予防があって、若い方でも使っています。
しみはできないように対策するのが一番なのですべての年代の方に必要な要素と言えそうです。

 

ただ、気を付けたいのが皮脂のコントロールをする働きです。
乾燥がひどい時にビタミンC誘導体を使うとさらに皮脂量が減ってしまって乾燥が進むことがあるそうです。

 

シミやしわのスペシャルケアをする場合もビタミンC誘導体を合わせて使うと効果的です。
お肌の底上げをするのがビタミンC誘導体の役目、と言ってもいいかもしれませんね。

 

また、ニキビ肌の改善にもビタミンCはとても優れた力を発揮します。
高濃度ビタミンC美容液を使うとできかけたニキビもひどくならずにつぶれたり、ニキビの治りも早いです。
大人ニキビに悩む方はぜひ使いたいですね。

 

 

 

ビタミンC誘導体だけではないサイクルプラス!

アンチエイジングのためにビタミンC誘導体を使いたい、という方は他の成分も気になりますね。
せっかくなら一つでいろいろな効果を期待したいところです。

 

サイクルプラスはビタミンC誘導体の他に

 

・EGF・FGF様ペプチド
・5種類のヒアルロン酸
・大豆や甘草などの植物エキス

 

を配合しています。

 

肌の潤い、ハリ、つやのすべての面からアプローチする化粧水なんですね。

 

 

 

 

 


ビタミンCで若返り

josei

ビタミンCっていうのはスゴイものだなぁと、知れば知るほど思います。

 

働きとしては様々ありますが、まず大きなものとしては、抗酸化作用ですね。
別名アスコルピン酸と呼ばれるビタミンCは、酸化防止剤として食品にも使われているのです。

 

スキンケアの場合、肌の酸化を食い止めてくれるというわけですね。
紫外線や有害物質、食べ物などによって肌は酸化していき、しわやたるみを作っていきます。
酸化を防ぐことができれば肌や体は若々しくあり続けられるということです。

 

酸化の反対は還元ですが、還元作用のあるサプリメントや水などを健康のために浸かっている人も多いですよね。
酸化ってカンタンに言うと錆びることなんだそうです。
それを錆のない体に戻してやることが還元というわけですね〜。

 

心身共に元気でいたいということであれば、まず体の酸化を食い止めることが大事だということです!

 

エイジングケアならまずビタミンCというのはこういう理由によるものなんですね!
お肌がさびなければシミなどの予防もできるのです。
毎日のスキンケアにビタミンCが必要というのはこういうことなんですね〜。

 

ただ、先ほども言ったように、ビタミンCは壊れやすいので誘導体の形で取り入れることが必要です。
ビタミンCの豊富なレモンなどを直接肌に塗っても奥には浸透していかないということですね。
昔、レモンパックなどをやりましたが、あれはちょっと効果が出ない事だったのかな。。

 

 

ビタミンCが不足すると・・・

ビタミンCが足りなくなってくるとコラーゲンの働きが悪くなるそうですね。
コラーゲンというのは肌がふっくら、ムチムチのためには欠かせないものですが、これもビタミンCが関連していたとは!

 

なんでも、コラーゲン同士の結びつきが弱くなってゆるゆるになるから肌のハリが失われるんですって!
弛んできたな、と思ったらビタミンCが不足しているってことなんですね〜。

 

ってことは、年齢とともにスキンケアも変えていかなければならないということです。
若いころと同じ、水みたいな化粧水だけではドンドン肌は老化していきそうですね。

 

肌は甘やかしてはいけないという説もありますが、やはり必要なものは補給していかないとと思います。

 

 

 

食材からもビタミンCを!

josei

化粧品だけじゃなく食べ物からもビタミンCを摂取することは大事ですね。

内側からのケア、というわけです^^

 

ビタミンCというとまず思い浮かぶのが柑橘類、レモンとかオレンジですね。
でも、実際はカリフラワーとかブロッコリー、ゴーヤなどの方がビタミンCが多いとか。

 

果物ではアセロラが一番ビタミンCを多くふくむのですが、アセロラはあまりカンタンに手に入らない・・・
他には柿とかキウイ、イチゴなどにも含まれるそうですよ。

 

ビタミンCは水に流れ出しやすくまた熱にも弱いので生のまま食べるのが一番効果的。
果物なら生で食べるのでおすすめですよね。
ただ、糖質が高いのでダイエットしている人などは気を付けた方がいいかも。

 

熱を通すなら蒸し器で蒸すのが栄養が壊れにくいのでいいと思います。
私は野菜はできるだけ茹でないで蒸すようにしています。
形も崩れないしいい感じ。

 

蒸し器で蒸すのは最初面倒かなと思ったんですが、慣れてしまえば平気です。
晩御飯に食べるものを一気に蒸しておくと手間も省けます。
残ったものは冷蔵庫で保管して翌日には食べるようにしています。

 

野菜って蒸すと美味しですよ。
蒸しっぱなしを胡麻ドレッシングなどでいただくとヘルシーだし美味しいです。

 

 

ビタミンCを損なうものは?

ビタミンCは食べ物から採ることができるのでサプリなどは必須ではないみたいですね。
でも、摂取したビタミンCはストレスやたばこ、紫外線の影響を受けて減少してしまうことがあります。

 

ストレスの多い生活を送っている方はもしかしたらサプリメントも考えた方がいいかもしれませんね。
また、たばこが肌に悪い理由の一つとしてビタミンCを破壊してしまうということもあります!

 

せっかく摂取したビタミンCをたばこなんかで破壊したくないものだと思いますね。
美肌は内側と外側のケアが大事といいますが、気をつけてできることはやっていきたいです。

 

食事に関しては食べすぎないこと、偏らないことが大事です。
いくらビタミンCが大事だからといってそればかり食べるのはバランスを崩します。

 

最近は小食やプチ断食などが流行りですが、胃腸を休ませることはデトックスの意味でも大事なんですね。
腹八合医者いらずという諺はほんとのことなんですね・・・
美のためにも食生活は大事だと思いました。

 

 



美白コスメを使って本当に肌がきれいになる? 美容液成分配合のクレンジングは肌にいい 女性用育毛剤が今売れています 薄毛治療には内服薬治療、外科治療などがあります 還元値を測るにはORPメーターが便利